治療の流れ

内科

・男性の皆さまへ ・女性の皆さまへ ・小児泌尿器科 ・男性更年期 ・腎臓の機能と健康
・泌尿器科がん検診 ・厄介な慢性前立腺炎という病気 ・介護が必要な方の排泄について

−女性泌尿器科−
腹圧性尿失禁、膀胱脱、尿道カルンケル

−小児泌尿器科−
包茎、包皮亀頭炎、夜尿症

−泌尿器系がんの健診・診断・治療−
前立腺がん、膀胱がん、腎がんなど

−その他の疾患−
男性更年期、勃起障害、陰嚢水腫


−尿路結石の診断・治療−
腎結石、尿管結石、膀胱結石

−尿路の炎症−
膀胱炎、腎盂腎炎、精巣上体炎、前立腺炎

−排尿障害の診断・治療−
前立腺肥大症、過活動膀胱、各種の尿失禁

男性泌尿器科

@ 前立腺肥大症 
前立腺は男性に特有な臓器で生殖器ですが、前立腺の中心を尿道が通っているため、年齢とともに前立腺が大きくなると尿道が押しつぶされて「おしっこの勢いが弱い」や「おしっこの回数が多い」などの症状が出てきます。

A 前立腺癌の検診
最近、雑誌やテレビで話題に上ることも多いため、検診でPSA(前立腺特異抗原)と呼ばれる血液検査を行うことが増えてきました。

PSA値が高い、と指摘されると「私は癌なのか?」と心配して泌尿器科を受診されますが、あくまで精密検査の対象になるという意味で、癌であるということを意味しているわけではありません。
もちろん泌尿器科を受診していただいて、どのような状態かを確認する必要があります。

B 勃起障害
勃起という現象は、陰茎の血流や神経の状態、精神状態などに影響を受けます。
勃起を促す薬や漢方薬のほかに、生活習慣病のチェックも必要です。
(男性更年期/LOH症候群のページもご覧ください)


女性泌尿器科

@ 過活動膀胱
通常、膀胱は自分で排尿しようと意識しない限りは収縮しないようになっていますが、過活動膀胱の場合はある程度膀胱内に尿が貯まると自分の意志とは関係なく膀胱の収縮が始まります。結果、尿意を感じるとすぐにトイレに行かなければならない状況になります。内服治療の適応です。

A 腹圧性尿失禁
くしゃみや咳、笑った時などお腹に力が入った時に併せて起こる尿失禁です。
程度にもよりますが、まずは括約筋体操をはじめとした筋力トレーニングを始めてみましょう。あきらめずに正しい方法で続けると改善する可能性が高いです。
どうしても治らないときは手術の対象になります。

B 膀胱、子宮、直腸脱
年齢に伴う変化のほかに出産や婦人科系の手術などの既往が関連することもありますが、膣壁を介して膀胱、子宮、直腸の一部が落ち込んで膣口から張り出す現象です。
治療は程度に応じて行いますが、治癒するためには手術が基本になります。



小児泌尿器科

代表的な疾患
包茎・・・真性、仮性
包皮亀頭炎
停留精巣、移動精巣
夜尿症(おねしょ)

包茎
常時、包皮が亀頭を覆っている状態を包茎といいます。

包皮の伸展性が不良で亀頭を露出させることが出来ないものを真性包茎、包皮に柔軟性があり亀頭を露出させることが出来るものを仮性包茎といいます。
仮性包茎は治療の対象になりませんが、真性包茎は治療の対象です。
以前は手術で治療されるケースが多かったのですが、現在はステロイド軟膏で治療することが多くなっています。

包皮亀頭炎
包皮の発赤・腫脹・痛みを主症状とした真性包茎に合併することが多い病気です。
通常、抗生剤(内服)や軟膏で治療すると治ります。
治癒した後、包茎の程度を確認してもらいましょう。

停留精巣/移動精巣
男児に比較的よくみられる先天性の奇形の一種です。
通常、精巣は陰嚢の底部に触ることができますが、鼡径部にあったり、場合によっては触れることが出来ない場合もあります。
自然に治ることもありますが、基本的には手術の対象になります。

夜尿症
多くの場合は蓄排尿機能が未発達であるために起こる一時的な症状です。
夜尿症にはタイプがありますので、タイプに応じた治療を行います。
また、日中も尿失禁が認められる場合は神経学的な検査が必要です。




男性更年期

男性更年期/LOH症候群

男性ホルモン(テストステロン)が低下したことによって起こる疾患
代表的な症状を挙げると
@ 性欲と勃起能の質と程度
A 知的活動、認知力、見当識の低下
B 疲労感、抑うつ、短気などの気分変調
C 筋肉量の減少、筋力の低下に伴う除脂肪体重の増加
D 内臓脂肪の増加
E 体毛と皮膚の変化
F 骨量の減少に伴う骨粗鬆症の発症、骨折のリスクの増大

また、これらの症状は生活習慣病とも関連しており身体状態を詳しく調べる必要があります。また、男性更年期/LOH症候群を疑って医療機関を受診された方を対象として調べた結果、半数の方はうつ病の診断となった、というデータがありますので、うつ病の有無についても確認する必要があります。

まずは男性ホルモン(遊離テストステロン)の測定と生活習慣病の有無をチェックしましょう。



腎臓の機能と健康

尿(おしっこ)は生きることにより体内で生じた老廃物(尿毒素)を余分な水分に混ぜたもので、腎臓の主要な働きは尿の生成です。この機能が低下すると体内に尿毒素や水分が貯まることになり、悪化すると高血圧・浮腫・倦怠感など様々な症状を伴う腎不全という状態になります。末期腎不全は血液透析や腹膜透析による治療が必要になります。

腎臓にはこのほかにもたくさんの働きがあります。
○ 赤血球を産生するホルモン(エリスロポエチン)の生成

○ 体内のカルシウム調整(骨代謝)
○ 体内を中性に維持 等など
腎臓が悪化するとこれらの機能も低下するため、貧血になったり、骨が弱くなることがあります。

腎臓の働きは加齢と共に徐々に低下してゆくものですが、糖尿病、動脈硬化、高血圧などを合併すると悪化しやすいことが確認されています。最近は糖尿病患者さんの増加に伴い、これによって引き起こされる糖尿病性腎症の増加が問題になっています。(現在、血液透析を導入する原因疾患の第1位です)


泌尿器科がん検診

前立腺がん検診

前立腺がん検診の第一段階は血中のPSA値を測定することです。
PSAを日本語にすると前立腺特異抗原という名前になります。いかにも前立腺がんと関係がありそうな名前ですが、これは正常な前立腺でたくさん作られている酵素の1種です。

ですから前立腺がんになって初めて作られるようになった物質ではありませんので、血液検査でPSA値が高いからといって“前立腺がんになった”と考える必要はありません。
前立腺肥大症や慢性前立腺炎という疾患でPSA値が高くなることがありますので、精密検査を行うかどうかは泌尿器科で診察を受けて判断されるようにしてください。

膀胱癌をはじめとした尿路のがん検診

肉眼的に血尿が認められた場合は、特に無症候性血尿という痛みなどの症状を伴わないタイプはがんの有無をきちんと確認する必要があります。
一般検診の尿検査で潜血反応が陽性となった場合は明らかな病気は見つからないことが多いのですが、念のためがんの有無を診る若干の検査を受けてみてください。


厄介な慢性前立腺炎という病気

病名の通り慢性的に前立腺に炎症が続いている状態で、排尿時痛、残尿感や頻尿などの排尿症状のほかに下腹部、会陰部や精巣、鼡径部、亀頭に痛みを感じるなど多彩な症状を呈します。
高齢者に多い前立腺肥大症とは異なり、若年者でも発症します。典型的なタイプは前立腺の触診(直腸診)の際に前立腺に圧痛を伴います。

原因は大まかに分けると細菌性の場合と炎症の原因が不明瞭な場合(非細菌性)の場合に分けられます。
直接的に健康を害するような病気ではありませんが、厄介なのは治療法が確立していない点です。細菌性の場合、抗菌剤を主体とした内服治療で症状が軽快するのですが、非細菌性の場合は症状がなかなか落ち着かず通院が長期化することも少なくありません。


介護が必要な方の排泄について

老化や様々な病気に伴い排泄機能が低下し、さらに脳卒中・脳出血や整形外科的な病気で身体が不自由になった結果トイレに行って排泄行為を行うことが思うようにできなくなった場合などは介護が必要になります。
介護を受ける方の日常生活の活動状況(ADL)を評価することにより、自立へ向けての支援や介護の方法・補助についてお役にたてるかもしれません。お困りのことがあればご相談ください。






やまとクリニックインフォメーション

住  所  〒036−8084 弘前市高田4丁目3-1 TEL:0172−88−8720
診療時間  休診日/日曜・祝日
日・祝
午前8:30〜12:30
午後15:00〜18:00

  • 泌尿器科
  • 男性によく見られる症状・疾患
  • 女性によく見られる症状・疾患
  • 小児泌尿器科
  • 男性更年期
  • 肝臓の機能と健康
  • 泌尿器科がん検診
  • 厄介な慢性前立腺炎
  • 介護が必要な方の排泄

泌尿器科を受診される皆様へ

内科を受診される皆様へ

青森健康のススメ

禁煙外来

男性更年期

院長紹介病院紹介

やまとクリニック 泌尿器科・内科
やまとクリニック 泌尿器科・内科 〒036−8084弘前市高田4丁目3-1
TEL:0172−88−8720 FAX:0172−88−8721

Copyright(C)2012 yamatoclinic all right reserved.